2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大盛り

先日、新宿の丼モノ屋にて私めがカツ丼をガツガツと食しておりましたところ
旅行中だと思われる異国の方が4人程で入ってこられました。
彼等はそそくさとテーブルに座られ、メニューを見てキャッキャキャッキャと
お騒ぎになられておりました。
そのお店は食品券を購入するスタイルのお店なのですが、異国の方だけありまして
食品券の文字が読めないらしく、直接店員さんを呼んで注文なされておりました。
彼等はカレーライスの写真を指差しながら、楽しそうに喋っておられます。

異国A「オオモリー?」
異国B「オオモーリ」
異国C「オオモーリ」
異国D「オオモリー」

と、なにやら大盛りという言葉を連発しておられます。
注文されたカレーライスを出された時も「オオモリー」「オオモーリ」
何故か割り箸でお突付きになりながらも「オオモーリ」「オオモーリ」
何らかのツボにでも入ってしまわれたのでしょうか、笑いながら大盛りという台詞を
連発しておられました。
私めもツボにも入ってしまいまして、笑いを堪えるのに必死でありました。
隣のお客様も必死に笑いを堪えているのですが、唇の端から味噌汁らしき液体が
プシップシッと噴出ておられます。
私等が必死に耐えている間にも異国の方々は大盛り大盛りとお騒ぎになられています。
もう堪忍してください、もう耐えられませぬ。
見ざる聴かざる状態で平常心になるのを待ち、なんとかその場をしのぎ店を後にしました。
そして、勝った、と。心底自分自身の我慢強さを誉めた私なのでございました。

が。
実はその時既に、敗北と言うフラグは立てられていたのやもしれませぬ。

昨夜、小腹が空いた私めは近所の丼モノ屋に出かけていきました。
さて食品券を購入しようと自販機に目をやると、その先に「ライス大盛り」というボタン。
嗚呼。時限式の、着火でございました。
幸いにも深夜近かった故かお客さまが少なかったのですが、私めに向けられた店員さんの奇異の眼差しに
恥入るばかりでございました。

はてさて皆様方におきましても、俗に言われる思い出し笑いにはお気を付け下さいますよう。

«  | HOME |  »

HOME

toto総合情報サイト

NOW ON SALE

リンク

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。